SPOTスポット

大正池公園

 林に囲まれた池には沢山の鳥があつまり、バードウォッチングに最適です。

住所

〒901-3703
沖縄県粟国村西255

大正池公園

 林に囲まれた池には沢山の鳥があつまり、バードウォッチングに最適です。

 粟国島の西側にある森林公園で、村民や観光客の散歩コースとして人気スポットです。また、林に囲まれた池にはたくさんの水鳥があつまり、バードウォッチングに最適です。
 大正池の南側の高台には展望台があり、集落内がほぼすべて見渡せる絶景ポイントになっています。周辺離島も望め、天候が良ければ沖縄最北端の伊平屋島を見ることもできますが、現在は立ち入り禁止となっております。

 慢性的な水不足に悩まされていた粟国島では、かつては各家がトゥージに雨水を貯めて水を確保していましたが、1914年(大正3年)に、大正天皇の即位記念事業として大正池の整備が計画され、翌1915年(大正4年)に工事が完了しました。濾過しながら下方のため池に水が流れる仕組みがあり、工事の際には、エーガーグスク(八重川城跡)の石垣の一部が持ち込まれました。別名ミーガーとも言われていますが、ミーガーとは新しい川のことを意味します。

 遊歩道からの散策がおすすめです。

 粟国島の西側にある森林公園で、村民や観光客の散歩コースとして人気スポットです。また、林に囲まれた池にはたくさんの水鳥があつまり、バードウォッチングに最適です。
 大正池の南側の高台には展望台があり、集落内がほぼすべて見渡せる絶景ポイントになっています。周辺離島も望め、天候が良ければ沖縄最北端の伊平屋島を見ることもできますが、現在は立ち入り禁止となっております。

 慢性的な水不足に悩まされていた粟国島では、かつては各家がトゥージに雨水を貯めて水を確保していましたが、1914年(大正3年)に、大正天皇の即位記念事業として大正池の整備が計画され、翌1915年(大正4年)に工事が完了しました。濾過しながら下方のため池に水が流れる仕組みがあり、工事の際には、エーガーグスク(八重川城跡)の石垣の一部が持ち込まれました。別名ミーガーとも言われていますが、ミーガーとは新しい川のことを意味します。

 遊歩道からの散策がおすすめです。

〒901-3703
沖縄県粟国村西255

トップへ戻る