SPOTスポット

ユクミヤー

 周囲の隙間なく積まれた石垣は、集落内の他の空積みされた石垣とはまた違う味わいを感じさせます。

住所

〒901-1501
沖縄県南城市知念久高

ユクミヤー

 周囲の隙間なく積まれた石垣は、集落内の他の空積みされた石垣とはまた違う味わいを感じさせます。

 ユクミヤーとは横目付(薩摩警察官)屋敷の意で、琉球王国の薩摩支配下時代に薩摩藩から琉球に派遣された7人の役人のうち1人が常駐し、島を監視する役人がいたと伝えられています。

 1609年に日本の薩摩藩が、約3000名の軍勢をもって琉球に侵攻し首里城を占拠しました。それ以後270年間にわたり琉球王国の表向きは中国の支配下にありながら、内実は薩摩と徳川幕府の従属国であるという微妙な国際関係の中で存続していました。その中において、琉球に派遣された7人のうち1人が常駐し監視していたということは、それだけ琉球の政治上重要な場所であったことがうかがい知れます。

 駐車場・トイレ無し。
 個人管理地となっているため、許可なく立ち入らないでください。

 ユクミヤーとは横目付(薩摩警察官)屋敷の意で、琉球王国の薩摩支配下時代に薩摩藩から琉球に派遣された7人の役人のうち1人が常駐し、島を監視する役人がいたと伝えられています。

 1609年に日本の薩摩藩が、約3000名の軍勢をもって琉球に侵攻し首里城を占拠しました。それ以後270年間にわたり琉球王国の表向きは中国の支配下にありながら、内実は薩摩と徳川幕府の従属国であるという微妙な国際関係の中で存続していました。その中において、琉球に派遣された7人のうち1人が常駐し監視していたということは、それだけ琉球の政治上重要な場所であったことがうかがい知れます。

 駐車場・トイレ無し。
 個人管理地となっているため、許可なく立ち入らないでください。

〒901-1501
沖縄県南城市知念久高

トップへ戻る