SPOTスポット

木田大時(むくたうふぅとぅち)の屋敷跡

 天文などに精通していたとされる木田大時の屋敷跡と伝わっています。

住所

〒901-0616
沖縄県南城市玉城前川

木田大時(むくたうふぅとぅち)の屋敷跡

 天文などに精通していたとされる木田大時の屋敷跡と伝わっています。

 字前川集落の東方に広がる大道屋取(ウフドーヤードゥイ)にある拝所です。拝所敷地内には木田大時が使っていたとされる井泉の跡があり、その井泉も拝所となっています。
 木田大時は、天文・暦学、・易学の第一人者で、王府に仕えたといわれており、王府の神事の日選りをする役人「時之大屋子(トゥチウフヤク)であった可能性があります。

 今から約500年前、現在の南城市玉城字前川にある「大道屋取(ヤードゥイ)」に玉城仁王という人物がいました。天文に詳しく、木田大時(昔の天文を司る役)という役で首里城に勤めるかたわら、人の運勢や吉凶判断を得意とし、占いなどでピタリと当てることで評判だったといいます。
 時の尚真王は、徳川幕府の参勤交代制に先立つこと約100年、諸按司を首里に住まわせて実質的な中央集権を成し遂げた名君といわれています。
ある時、尚真王の子が重い病にかかり、医者達の懸命な治療にも容体は悪化する一方でした。そこで、尚真王は玉城仁王を呼び出して王子を診てもらったところ、「諸按司の中には中央集権に対し不満の念を抱いている者が多く、それが高じて王子の病として現れた」と進言しました。驚いた尚真王は、さっそく諸按司の静動を監視する強化策を採ると、王子はみるみる回復し、もとの元気な姿を取り戻しました。
 しかしこれ以来、玉城仁王に対する諸按司の目が冷たくなり、仁王の神通力が本当か否か試されることになりました。前もってネズミを1匹入れた木箱を置き、「この中身を当ててみよ。」といわれた仁王は、しばし瞑目ののち「ネズミが7匹入っている。」と答えました(5匹や3匹など諸説あり)。嘘言と判断された仁王は、王に背いた罪に問われて安謝の処刑場に連行されました。
 この後、尚真王は念のため家臣に木箱の中を調べさせたところ、生まれたばかりの子ネズミ6匹が親ネズミに添寝しているのを目にします。仁王の神通力に驚くとともに、打首を命じたことを尚真王は悔やみ、助命のために急使を安謝港に立てましたが、時すでに遅し、仁王ははや首を打たれて安謝港の露と消えた後でした。痛く悲しんだ尚真王は、仁王の遺骸を王家の墓である玉陵に葬り、臣下としては異例の取り扱いをすることによって、その霊を弔ったといわれています。

 駐車場・トイレ無し。
 個人所有地となっています。

 字前川集落の東方に広がる大道屋取(ウフドーヤードゥイ)にある拝所です。拝所敷地内には木田大時が使っていたとされる井泉の跡があり、その井泉も拝所となっています。
 木田大時は、天文・暦学、・易学の第一人者で、王府に仕えたといわれており、王府の神事の日選りをする役人「時之大屋子(トゥチウフヤク)であった可能性があります。

 今から約500年前、現在の南城市玉城字前川にある「大道屋取(ヤードゥイ)」に玉城仁王という人物がいました。天文に詳しく、木田大時(昔の天文を司る役)という役で首里城に勤めるかたわら、人の運勢や吉凶判断を得意とし、占いなどでピタリと当てることで評判だったといいます。
 時の尚真王は、徳川幕府の参勤交代制に先立つこと約100年、諸按司を首里に住まわせて実質的な中央集権を成し遂げた名君といわれています。
ある時、尚真王の子が重い病にかかり、医者達の懸命な治療にも容体は悪化する一方でした。そこで、尚真王は玉城仁王を呼び出して王子を診てもらったところ、「諸按司の中には中央集権に対し不満の念を抱いている者が多く、それが高じて王子の病として現れた」と進言しました。驚いた尚真王は、さっそく諸按司の静動を監視する強化策を採ると、王子はみるみる回復し、もとの元気な姿を取り戻しました。
 しかしこれ以来、玉城仁王に対する諸按司の目が冷たくなり、仁王の神通力が本当か否か試されることになりました。前もってネズミを1匹入れた木箱を置き、「この中身を当ててみよ。」といわれた仁王は、しばし瞑目ののち「ネズミが7匹入っている。」と答えました(5匹や3匹など諸説あり)。嘘言と判断された仁王は、王に背いた罪に問われて安謝の処刑場に連行されました。
 この後、尚真王は念のため家臣に木箱の中を調べさせたところ、生まれたばかりの子ネズミ6匹が親ネズミに添寝しているのを目にします。仁王の神通力に驚くとともに、打首を命じたことを尚真王は悔やみ、助命のために急使を安謝港に立てましたが、時すでに遅し、仁王ははや首を打たれて安謝港の露と消えた後でした。痛く悲しんだ尚真王は、仁王の遺骸を王家の墓である玉陵に葬り、臣下としては異例の取り扱いをすることによって、その霊を弔ったといわれています。

 駐車場・トイレ無し。
 個人所有地となっています。

〒901-0616
沖縄県南城市玉城前川

トップへ戻る