SPOTスポット

正泉井(せいせんがー)

 かつて周辺住民に利用されていた井泉で、琉球石灰岩の貯水タンクの外観は自然地形を上手く活用して緩やかにカーブした独特な形態をしており、素晴らしい景観をなしています。

住所

〒901-0611
沖縄県南城市玉城富里

正泉井(せいせんがー)

 かつて周辺住民に利用されていた井泉で、琉球石灰岩の貯水タンクの外観は自然地形を上手く活用して緩やかにカーブした独特な形態をしており、素晴らしい景観をなしています。

 現在、玉城地区の富里公民館の一角にある正泉井(セイセンガー)です。石積みの大型設備は1921年(大正10年)に造られたとされ、集落の後方にある源泉から水を引いています。
また、施設北側に記念碑が建っています。

 1915年(大正4年)から大正天皇御即位記念事業として毎年積立を行い、字の資金で1918年(大正7年)起工、1921年(大正10年)に竣工しました。上水道の導入まで集落の生活を支える重要な施設でありました。

 駐車場・トイレ無し。
 富里公民館隣にあります。湧水は飲まないでください。

 現在、玉城地区の富里公民館の一角にある正泉井(セイセンガー)です。石積みの大型設備は1921年(大正10年)に造られたとされ、集落の後方にある源泉から水を引いています。
また、施設北側に記念碑が建っています。

 1915年(大正4年)から大正天皇御即位記念事業として毎年積立を行い、字の資金で1918年(大正7年)起工、1921年(大正10年)に竣工しました。上水道の導入まで集落の生活を支える重要な施設でありました。

 駐車場・トイレ無し。
 富里公民館隣にあります。湧水は飲まないでください。

〒901-0611
沖縄県南城市玉城富里