SPOTスポット

米軍が建造した石柱

 米軍統治時代の面影を活用した景観です。

住所

〒901-0233
沖縄県豊見城市瀬長

米軍が建造した石柱

 米軍統治時代の面影を活用した景観です。

 島の外周道路には、高さ50㎝ぐらいの縁石柱が並んでいます。これは、米軍基地に接収された際に米軍が建造したものを再現しており、今ではレトロな雰囲気を作り出しています。

 島の頂上部付近には、米軍に弾薬庫として利用されていた当時の石垣の壁が見ることができ、アメリカ世の沖縄であったことを物語っています。これら、戦争が残した負の遺産も現在の瀬長島を形作る一つとなっています。

 瀬長島における一周道路である市道153号線の海側に設置されています。

 島の外周道路には、高さ50㎝ぐらいの縁石柱が並んでいます。これは、米軍基地に接収された際に米軍が建造したものを再現しており、今ではレトロな雰囲気を作り出しています。

 島の頂上部付近には、米軍に弾薬庫として利用されていた当時の石垣の壁が見ることができ、アメリカ世の沖縄であったことを物語っています。これら、戦争が残した負の遺産も現在の瀬長島を形作る一つとなっています。

 瀬長島における一周道路である市道153号線の海側に設置されています。

〒901-0233
沖縄県豊見城市瀬長

トップへ戻る