SPOTスポット

石灯炉(イシドゥール)

 ノロしか立ち入ることを許されなかった八重瀬之嶽(ヤエセヌタキ)への遥拝所です。

住所

〒901-0402
沖縄県八重瀬町富盛

石灯炉(イシドゥール)

 ノロしか立ち入ることを許されなかった八重瀬之嶽(ヤエセヌタキ)への遥拝所です。

 石灯炉(イシドゥール)とは、八重瀬之嶽は昔はノロだけしか入れず、一般の人たちは遙拝所のお通し (ウトゥーシ) から御願していましたが、そのお通しのことで、現在では、陸上自衛隊八重瀬分屯地の敷地のフェンスのすぐ外にあります。初起しや旧暦9月中の総御願いの際に、八重瀬之嶽を御願しています。昔は、唐(中国)に旅をする人が、旅の安全を祈願して拝んでいたと伝えられています。

 戦前は、現在の陸上自衛隊八重瀬分屯地の敷地内にありましたが、元の場所は1955年に米軍に接収されて、この場所に移設しています。

 ここからは富盛集落を眼下に見下ろすことができ、反対側には東シナ海の眺望が広がっています。

 石灯炉(イシドゥール)とは、八重瀬之嶽は昔はノロだけしか入れず、一般の人たちは遙拝所のお通し (ウトゥーシ) から御願していましたが、そのお通しのことで、現在では、陸上自衛隊八重瀬分屯地の敷地のフェンスのすぐ外にあります。初起しや旧暦9月中の総御願いの際に、八重瀬之嶽を御願しています。昔は、唐(中国)に旅をする人が、旅の安全を祈願して拝んでいたと伝えられています。

 戦前は、現在の陸上自衛隊八重瀬分屯地の敷地内にありましたが、元の場所は1955年に米軍に接収されて、この場所に移設しています。

 ここからは富盛集落を眼下に見下ろすことができ、反対側には東シナ海の眺望が広がっています。

〒901-0402
沖縄県八重瀬町富盛

トップへ戻る